株式会社アネムホールディングス

新教育への取組み

私たちアネムホールディングスは『人生支援企業』として、単なる受験指導に留まることなく、
子どもたちが自分の将来や世界に目を向け、物事を考える習慣を身につけることを大切にしてきました。
日々の学習を、自分の力で考え自分なりの答えを導き出すための「教材」と捉え、
子どもたちが社会に出たとき、一人ひとりが自立した人間として世界で活躍できるよう育てていくことが、
私たちの考える『人生支援』のひとつです。

今、時代の移り変わりとともに、社会で活躍するために必要な能力や資質も大きく変化しています。
これからの時代において必要とされるのは、「思考力・判断力・表現力」といった、
今までの画一的な教育の枠に収まらないチカラであり、私たちがこれまで大切にしてきたものです。

だからこそ私たちアネムホールディングスは、これからも時代の変化をいち早く見据え、
「新しい時代を生きる子どもたちの、未来につながる教育をしていきたい」
「将来、世界的に活躍していく子どもたちに必要な能力を備えてほしい」
その想いのもと、教育業界を率先し、3つの柱で「新教育」作りに取り組んでいます。

➀新しい教育を見据えた
授業スタイル

「個性教育Vスタ」は、生徒一人ひとりの状況に合わせてAIやオンラインコンテンツを活用し、従来の教育で求められていた知識の習得を効率よく終わらせ、新しい教育分野の習得に時間をかける、新しいスタイルの学習塾です。
「自分で課題を発見し、どのように主体的に学ぶか」「得た知識をどのように活用するか」といった、従来の学習塾では対応できない内容もVスタではしっかりと学んでいきます。
アクティブラーニングなどの授業も行っており、与えられた課題をただ解決するだけでなく、自ら学び、課題を発見する力やプレゼン力など、社会で活躍するために重要な力を養います。

新しい教育を見据えた授業スタイル
新しい教育を見据えた授業スタイル

Vスタの学習システム
「ダブルイングリッシュ・ティーチャーシステム」

アネムホールディングスグループの学習塾では、新しい教育づくりに力を入れていますが、
そのなかでも、英会話スクールを有する特色を活かした「英語力の強化」に向けた取り組みを行っています。
英語によるコミュニケーション力、情報発信力の育成のため「日本人講師による受験英語の授業」と「外国人講師によるオールイングリッシュの授業」
という組み合わせで、英語の学習を進めていきます。
一般的な英会話スクールと違い、受験スケジュールに合わせたカリキュラムで安心して進められ、そして一般的な学習塾にはない外国人講師とのレッスンで、
より実践的な英語力が身につきます。

ダブルティーチャーシステム

外国人講師と日本人講師による
英語4技能学習

日本人講師は文法問題を中心に、受験で必要な英語力を養っていきます。
そして、外国人講師による授業は、オールイングリッシュ。
英語を英語のまま理解する感覚を養うために、日本語は使わずに発音や表現の学習を行います。
英語に不慣れな小学生でも、まず学ぶ楽しさに触れることで、英語への興味関心を引き出す授業を。
英語上級者には英検準1級レベルをめざせるカリキュラムを用意しています。

➁個別最適化

アネムホールディングスグループでは、学びの個別最適化に向けての取り組みも進めています。

カリキュラムの多様性

アネムホールディングスには多種多様なブランドを活かして、生徒一人ひとりに最適な学びを提供できる体制が整っています。
科目の得意、不得意はもちろん、学習内容によって一番効率の良いプランで学習を選べることが特徴。
例えば一人でもできる暗記ものはICT学習で、苦手な理科は個別指導で徹底的に弱点克服、
得意な数学は集団授業で応用力のアップを図ることができます。
インプット、アウトプットともに必要とされる英語の授業は、Vスタのダブルイングリッシュ・ティーチャーシステムで
中学早期での英検準2級取得をめざします。

カリキュラムの多様性
カリキュラムの多様性

進捗管理システム「アネスタプロ」

様々なカリキュラムをサポートする仕組みとして、自社でのシステム開発も行っています。
学習塾運営に特化した基幹システムanesta Pro(アネスタ プロ)は、生徒の進捗状況の管理、生徒・保護者とのコミュニケーションを強化するシステムとして、アネムホールディングスグループ全体で使われています。アナログ作業をデジタル化することで、生徒や保護者とのコミュニケーションに時間を割けるだけでなく、多岐にわたる生徒たちの進捗管理を確実に行うことで、一人ひとりに最適化された目標達成までの道のりを示すことが可能です。
教室現場の業務効率化や無駄な経費の削減などはもちろん、年々増え続けるコンテンツの管理など、未来を見据えた塾運営に必要な不可欠な機能を網羅。グループ外の塾からも導入されているシステムです。

生徒のめんどうみ強化!

進捗管理システム

対面授業だけでなく、管理しづらいとされている映像授業やオンライン授業もまとめて管理!
生徒一人ひとりの進み具合や理解度も分かるので、授業の質の向上やめんどうみの強化に役立ちます!
また、毎授業の内容を講師・生徒だけでなく保護者とも簡単に共有でき、日々の学習成果の可視化もできます。

作業コスト軽減&業務効率化!

データ化による
一括管理

生徒情報や学習記録をデータ化することで、教育業界の課題である労働負荷を軽減!
従来の教育現場で行われていた重複内容の転記といった無駄な手書き作業から脱却。業務効率化を図り、より生徒と向き合う時間を創出することで、一人ひとりとのコミュニケーションが強化され、学習の最適化につながります。

学習効率をさらに向上!

AIによる学習分析

AIを活用することで、今まで以上に生徒一人ひとりに最適なカリキュラムの提案が可能に。モチベーションや感情の変化を拾い上げ、生徒とのコミュニケーションをサポートしています。
現在、九州大学との研究を進め、さらなる最適化に向けてブラッシュアップを行っています。

➂人間力を育む

新しい教育に対応するためには、暗記・詰込みだけではない、思考力・判断力・表現力を育成するための仕組みも必要です。
私たちは、「教育マイレージシステム」を使って、テストの点数や偏差値では判断できない、人間力を育んでいます。
単なるポイントシステムではなく、「生徒たちのがんばり」を評価することで、子どもたちのやる気を育て、勉強だけでなく部活や親孝行、ボランティアといった地域での社会活動への挑戦を促しています。
また、自分のがんばりを言語化し、他人に伝えることを繰り返すことで、情報発信力や情報を活用する力が向上。
英語で書くことに挑戦する子どもたちも多く、英語による発信力の向上にもつながっています。
さらに、様々ながんばりを他人からほめられ、認めてもらえたという経験は、子どもたちの自己肯定感の向上に役立っています。

教育マイレージの詳細はこちら